三ツ星倶楽部 其之八 特別編 How to buy Mercedes-Benz Parts 3/3 信用できる筋から購入すべし!
2011年6月30日 – 12:00 | 0

構成/田村十七男・芥川貴之志 撮影/山田裕之

AKU さてやってまいりました。こちらはボッシュ社の車両診断機を備えた、指定サービス工場です。今回はこちらのエンジニアの方にも協力して頂いて、コピー部品の実態を暴いてみようと思います。
170 その診断機はコピーじゃないよね?
AKU 当たり前じゃないですかっ。失敬なっ!!
170 あ、ゴメン。もはや疑心暗鬼になっちゃって。この運転席に付いてる機械は何なの?
AKU これは送信機だそうです。室内にあるECUから信号を取り出し、Bluetoothでテスターに情報を送るんですね。
170 へぇ、すごいね。ハイテクだね。

AKU 今回テストするのは、エアマスセンサー。このパーツは、エンジンに取り込む空気量を計るもので、そのセンサーが出力した電圧に合わせてガスを噴射する量を調整するんですね。ということは、エアマスセンサーが狂えばエンジン回転が不安定になるわけです。
170 つまり、重要な部品であると。
AKU そういうこと。なのに意外とトラブルが多く、純正部品は値段も高いので、コピー部品が数多く出回っています。
170 いくらくらいするの?
AKU 車種によっても異なりますが、純正部品の定価が10万円をちょっと切るくらい。
170 結構するんだね。それがコピーだと?
AKU 1万円台からありますね。そこで用意したこの3種類。どれが本物かわかります?
170 もう、その質問は勘弁して。ってか、見た目じゃ全然わからないからさぁ。

AKU 本当にそうですよね。特に電子部品は判別がつきにくいんですよね。正解は、一番右がメルセデスベンツ純正部品、真ん中がBOSCH製の本物、左が偽物です。
170 ベンツ純正と、BOSCHの本物っていうのは何が違うの?
AKU 基本的には同じもので定価もだいたい同じですが、流通経路が違うので実売価格に差があります。メルセデスベンツ純正は基本的に定価販売ですが、BOSCHだと3割引、4割引は当たり前で、スピードジャパンの様なショップだと半額以下で売っている場合もあります。これがいわゆるOEM部品と呼ばれるものです。
170 偽物はさらにその半額というわけか。
AKU そういうこと。じゃ、とにかくテストしてみましょう。まずは現在車両に付いている本物を計測してみます。断続的にスロットルを吹かしてみると、エンジン回転の上昇と下降に合わせて山なりの曲線が描かれますよね。

170 ふむふむ。エア量もそれにシンクロしてるね。エア量が上がった直後にエンジンスピードも上がると。
AKU 次にコピー。同じようにスロットルを吹かすと……。
170 おや? 曲線にいびつなポイントが出てきたぞ!?
AKU エンジン音にしても、スロットルを吹かした瞬間にもたつくところがあるじゃないですか。センサーの感度が低いんでしょうね。これがコピー部品の実態です。

170 正体見破ったり、って感じ。たださ、テストでは激しくスロットルの開閉を行ってみたけれど、街中ではここまで荒い操作はしないよね。となると、もしコピー部品だと知らずにいたら、気づかないままだったりするんじゃない?
AKU エアマスセンサーに関して言えば、そういう可能性は十分にありますよね。女の人なんかが普通に街中で乗ってて、じわっとアクセルペダルを踏む限りでは、エンジンの不調は感じられないかもしれない。だけど怖いのは、粗悪部品の多くは寿命が短いことじゃないですかね。
170 と言うと?
AKU 最初はそれなりにまともに動作していたとしましょう。でも時間の経過とともに、段々おかしくなってくる。たいがいの人は、何かおかしいなと思っても、替えたばかりの部品は疑いませんよね。そうすると、どこに不調の原因があるのかわからなくなる。さらに正しく動作しない部品を付けたことで、ほかの部分に影響が出る場合もあります。Aの個所は新品部品に換えた。そしてBの個所にトラブルが起きた。するとたいがいの人は、Aの個所を疑いませんよね。Bの個所を調べ、あるいはCやDまでチェックし始める。こうなったら堂々巡りです。本当の原因はつかめない。
170 なるほどね。そりゃ厄介だよなあ。でもさ、どうやったらコピーを見破れるんだろ?普通はこうしてテスターでチェックなんて、出来ないじゃない。

AKU 見た目に関して言うと、例えばメルセデスに納入する部品にだけ刻まれる記号が、OEM部品には本来無いはずなのに、偽物にはあったり……。
170 すでにややこしい。
AKU そうなんです。よほどの部品知識がないと、本物かどうかなんて判断できない。プロでも両方並べて比較しないとわからないはずです。となると、信用できる筋以外からは部品を買わない、というのが恐らく唯一の手段なんですよね。
170 昔のクルマ屋さんは、よそで買ってきた部品の取り付けは受け付けてくれなかったよね。それは信用できないものに触れない職人の意地でもあったし、だからこそ信頼できた。けれど最近ではそういう商売ができないらしいね。ネットオークションがここまで浸透しちゃって、誰もが安いパーツを簡単に入手できるようになったから。

AKU そのネットオークションではコピー品が出回っている。実際、工場がお客さんの持ち込んだ部品を取り付けてみたら、まともに動作しなくて治らなかったり、寸法がおかしくてアライメントが取れなかったりして、お客さんとトラブルになるケースが頻繁に起きてるみたいです。
170 情報量が増えた分だけ、それを精査する能力がユーザーにも必要になってるんだよね。いずれにせよ自動車部品の世界でも粗悪な偽物やコピー品が多数存在しているわけで、メルセデスはその格好のターゲットになっている、ということかぁ。
AKU その事実を知り、どう対応するかは、個々の判断に委ねられています。とにかく信用できるルートを得るしかないですね。
170 オーナーのみなさん、くれぐれもご注意を!

今回はいつもと趣向を変えて、車ではなく部品に注目してみましたが、いかがでしたでしょうか?昔に比べてメルセデスベンツが身近になった分、部品市場で偽物や粗悪部品が蔓延っている実態が、おわかり頂けたかと思います。愛車と末永くカーライフを楽しむためには、部品選び、ひいてはショップ選びが、とても重要なのです。読者の皆様におかれましては、安さに釣られて粗悪品をつかまされぬよう、くれぐれもお気をつけ下さい。

続きを読む »
三ツ星倶楽部

MB-Net TV 

ホーム » 三ツ星倶楽部

三ツ星倶楽部 其之二 W123 280E 1/3 第三国のうらぶれた街角によく似合う!?

投稿者: 投稿日: 2010年2月18日 – 00:000

構成/田村十七男・芥川貴之志 撮影/山田裕之

三ツ星倶楽部 其之二

170 さぁ始まりました、三ツ星倶楽部の第2回目は、W123です。前回がW124だったから、ひとつ型がさかのぼったのね。

AKU 今回のモデルは、W123のセダンでは最終となる1985年型の280Eです。走行距離は約11万5000キロ。現在のオーナーが購入する以前は、世田谷のご老人が所有していたワンオーナー・カーだったらしく、四半世紀落ちにしては走行距離も少ないし、程度はいいですよね。

170 いささかヤレてオフホワイトっぽくなった外装がシブい。この時代のベンツって、こういう白のイメージが強いなあ。

AKU 実は僕も以前W123に乗ってたことがあるんですよ。

170 モデルは?セダン?

AKU コレと同じ280Eです。’84年式のシルバー。あれもわりとキレイだったけど、ここままでじゃなかったですね。黒以外のダッシュボードはクラックが入りやすいんですが、このクルマはそれも無いし。ずっと屋内保管だったんだろうな。

170 内装は本当にキレイだよね。ウッドパネルもピカピカ。

AKU この時代に日本に輸入されたW123は、ホワイトとシルバーが圧倒的に多くて、次にネイビーといった感じだと思いますが、実際にはグリーンやオレンジ、マスタードイエローなんていう華やかなボディカラーもあったんですよね。’70年代のサイケというか、ポップな流行を取り入れていました。その辺の色目は珍重されるから、中古車市場に出るとけっこうな高値で取引されていますよ。個人的には、手頃な中古車を手に入れて、好きな色に全塗装しちゃってもいいんじゃないかなあと思いますけど。日本人はフル・オリジナルにこだわる傾向があるけれど、それほど貴重な車種じゃないですからね。遊んじゃってもいいんじゃないかな。

170 そうなの? 貴重じゃないんだ。

AKU 相当な台数がつくられましたからね。1976-1985年の生産台数は、えーっと、W123全車種で2,696,914台、そのうちセダンだけでも2,375,440台です。同時期のBMW5シリーズであるE28は、1981-1988年で722,328台ですから、その約3倍。高級車でありながら270万台というのは、かなり多いと思います。

170 確かにその生産台数は多いね。

AKU ヨーロッパとかではタクシー車両になってましたからね。ポリスも使っていたし、公用車関係でも広く採用されていた。設計自体からして頑丈につくってありますから、耐久性や安全性が求められる現場で高い信頼を得ていたんだと思います。

170 事前に調べて驚いたんだけど、1980年前後のセールス面では、このW123と競合していたのがVWのゴルフだったんだってね。販売台数で拮抗していたらしい。だからW123は、当時のベンツのエントリーモデルなんだと説明する文献もあった。

AKU 確かに1982年にW201/190クラスが発表されるまでは、W123が一番安価なモデルでしたからね。でもエントリーモデルっていうのはどうかな?車格が小さいのと、タクシー等の需要に応えるため、装備を簡素化した安いグレードを選べたというのはありますが、これをステップに次はSクラスっていうのは、日本人的な発想じゃないですかね。”いつかはクラウン”的な。W123の基本設計はかなりしっかりしていますし、手を抜いたりコストダウンを目指した跡はまったく見られないですよ。

170 基本設計はしっかりしてるよね。今でも普通に乗れちゃうのに驚いた。ボディもしっかりしてて、25年も経っているとは思えないもんなぁ。

AKU 設計がしっかりしているだけじゃなく、適当にごまかして乗れちゃう鷹揚さを持ち合わせていたのも特徴ですね。この280Eは、Kジェトロっていうボッシュの機械式インジェクションを採用しているんですが、フューエルポンプやポンプリレーが痛んでくると、燃圧が落ちてアイドリングがギクシャクするんです。でもそれをアイドリングアジャストスクリューでちょいと高めにすれば、なんとか安定させられる。この280Eも実はアイドリングが高めなんです。ほら、Dレンジに入れても800回転くらいでしょ。本来は600回転くらいだから、おそらく少し上げるように調整しているはずです。そんなふうにごまかしが利くってのは、この時代のクルマのいいところですよね。

170 動かなくなったら蹴っちゃえ、みたいな。それでセルが回ったりするとエンジンかかるなんてのはクールかもね。今時のクルマじゃ確実にあり得ないだろうけど。

AKU シンプルなんですよね。エンジンルームもすっきりしているし。

170 ボンネットがほぼ直角まで開口するんだね。

AKU 整備性を考えているんです。W124以降もそうですが、あそこまで開くから、ボンネットを外さずにエンジンを降ろすことも可能です。ドイツの工場とかでは、リビルド済みエンジンが用意してあって、いつでもすぐに交換出来るようになっていたらしいですね。そうやって50万キロとか、100万キロとか走るんでしょう。タクシーに使われたのも納得です。ダッシュボードなんかも簡単にバラせますしね。そういうところ、本当によくできているんです、W123は。

170 だから語られるんだね、ベンツは。細部までも話題が尽きない。もういやらしいくらいに。

AKU とは言えW123もさすがに古くなってきたから、ヨーロッパでもあまり見かけなくなってきましたね。多く生き残ってそうなのは中東あたりの第三国とかかな。香港やタイなんかもまだ残ってそう。うらぶれた街角に停ってそうな感じ。

170 うらぶれてないといけないの?W123のオーナーに怒られない?(笑)

AKU いや、そういうわけじゃないけど(笑)質実剛健で、ボディがボコボコになってても、黙々と距離を刻んでるようなイメージがあるんですよね。ピカピカの新車みたいなのもいいけど、W123の場合は逆にヤレた感じも風情があっていいなぁ、と。

次回(2/3)に続く……

現在コメントは受け付けていません。