三ツ星倶楽部 其之八 特別編 How to buy Mercedes-Benz Parts 3/3 信用できる筋から購入すべし!
2011年6月30日 – 12:00 | 0

構成/田村十七男・芥川貴之志 撮影/山田裕之

AKU さてやってまいりました。こちらはボッシュ社の車両診断機を備えた、指定サービス工場です。今回はこちらのエンジニアの方にも協力して頂いて、コピー部品の実態を暴いてみようと思います。
170 その診断機はコピーじゃないよね?
AKU 当たり前じゃないですかっ。失敬なっ!!
170 あ、ゴメン。もはや疑心暗鬼になっちゃって。この運転席に付いてる機械は何なの?
AKU これは送信機だそうです。室内にあるECUから信号を取り出し、Bluetoothでテスターに情報を送るんですね。
170 へぇ、すごいね。ハイテクだね。

AKU 今回テストするのは、エアマスセンサー。このパーツは、エンジンに取り込む空気量を計るもので、そのセンサーが出力した電圧に合わせてガスを噴射する量を調整するんですね。ということは、エアマスセンサーが狂えばエンジン回転が不安定になるわけです。
170 つまり、重要な部品であると。
AKU そういうこと。なのに意外とトラブルが多く、純正部品は値段も高いので、コピー部品が数多く出回っています。
170 いくらくらいするの?
AKU 車種によっても異なりますが、純正部品の定価が10万円をちょっと切るくらい。
170 結構するんだね。それがコピーだと?
AKU 1万円台からありますね。そこで用意したこの3種類。どれが本物かわかります?
170 もう、その質問は勘弁して。ってか、見た目じゃ全然わからないからさぁ。

AKU 本当にそうですよね。特に電子部品は判別がつきにくいんですよね。正解は、一番右がメルセデスベンツ純正部品、真ん中がBOSCH製の本物、左が偽物です。
170 ベンツ純正と、BOSCHの本物っていうのは何が違うの?
AKU 基本的には同じもので定価もだいたい同じですが、流通経路が違うので実売価格に差があります。メルセデスベンツ純正は基本的に定価販売ですが、BOSCHだと3割引、4割引は当たり前で、スピードジャパンの様なショップだと半額以下で売っている場合もあります。これがいわゆるOEM部品と呼ばれるものです。
170 偽物はさらにその半額というわけか。
AKU そういうこと。じゃ、とにかくテストしてみましょう。まずは現在車両に付いている本物を計測してみます。断続的にスロットルを吹かしてみると、エンジン回転の上昇と下降に合わせて山なりの曲線が描かれますよね。

170 ふむふむ。エア量もそれにシンクロしてるね。エア量が上がった直後にエンジンスピードも上がると。
AKU 次にコピー。同じようにスロットルを吹かすと……。
170 おや? 曲線にいびつなポイントが出てきたぞ!?
AKU エンジン音にしても、スロットルを吹かした瞬間にもたつくところがあるじゃないですか。センサーの感度が低いんでしょうね。これがコピー部品の実態です。

170 正体見破ったり、って感じ。たださ、テストでは激しくスロットルの開閉を行ってみたけれど、街中ではここまで荒い操作はしないよね。となると、もしコピー部品だと知らずにいたら、気づかないままだったりするんじゃない?
AKU エアマスセンサーに関して言えば、そういう可能性は十分にありますよね。女の人なんかが普通に街中で乗ってて、じわっとアクセルペダルを踏む限りでは、エンジンの不調は感じられないかもしれない。だけど怖いのは、粗悪部品の多くは寿命が短いことじゃないですかね。
170 と言うと?
AKU 最初はそれなりにまともに動作していたとしましょう。でも時間の経過とともに、段々おかしくなってくる。たいがいの人は、何かおかしいなと思っても、替えたばかりの部品は疑いませんよね。そうすると、どこに不調の原因があるのかわからなくなる。さらに正しく動作しない部品を付けたことで、ほかの部分に影響が出る場合もあります。Aの個所は新品部品に換えた。そしてBの個所にトラブルが起きた。するとたいがいの人は、Aの個所を疑いませんよね。Bの個所を調べ、あるいはCやDまでチェックし始める。こうなったら堂々巡りです。本当の原因はつかめない。
170 なるほどね。そりゃ厄介だよなあ。でもさ、どうやったらコピーを見破れるんだろ?普通はこうしてテスターでチェックなんて、出来ないじゃない。

AKU 見た目に関して言うと、例えばメルセデスに納入する部品にだけ刻まれる記号が、OEM部品には本来無いはずなのに、偽物にはあったり……。
170 すでにややこしい。
AKU そうなんです。よほどの部品知識がないと、本物かどうかなんて判断できない。プロでも両方並べて比較しないとわからないはずです。となると、信用できる筋以外からは部品を買わない、というのが恐らく唯一の手段なんですよね。
170 昔のクルマ屋さんは、よそで買ってきた部品の取り付けは受け付けてくれなかったよね。それは信用できないものに触れない職人の意地でもあったし、だからこそ信頼できた。けれど最近ではそういう商売ができないらしいね。ネットオークションがここまで浸透しちゃって、誰もが安いパーツを簡単に入手できるようになったから。

AKU そのネットオークションではコピー品が出回っている。実際、工場がお客さんの持ち込んだ部品を取り付けてみたら、まともに動作しなくて治らなかったり、寸法がおかしくてアライメントが取れなかったりして、お客さんとトラブルになるケースが頻繁に起きてるみたいです。
170 情報量が増えた分だけ、それを精査する能力がユーザーにも必要になってるんだよね。いずれにせよ自動車部品の世界でも粗悪な偽物やコピー品が多数存在しているわけで、メルセデスはその格好のターゲットになっている、ということかぁ。
AKU その事実を知り、どう対応するかは、個々の判断に委ねられています。とにかく信用できるルートを得るしかないですね。
170 オーナーのみなさん、くれぐれもご注意を!

今回はいつもと趣向を変えて、車ではなく部品に注目してみましたが、いかがでしたでしょうか?昔に比べてメルセデスベンツが身近になった分、部品市場で偽物や粗悪部品が蔓延っている実態が、おわかり頂けたかと思います。愛車と末永くカーライフを楽しむためには、部品選び、ひいてはショップ選びが、とても重要なのです。読者の皆様におかれましては、安さに釣られて粗悪品をつかまされぬよう、くれぐれもお気をつけ下さい。

続きを読む »
三ツ星倶楽部

MB-Net TV 

ホーム » 三ツ星倶楽部

三ツ星倶楽部 其之四 W109 300SEL 6.3 3/3 完璧じゃないからおもしろい!?

投稿者: 投稿日: 2010年5月23日 – 00:000

構成/田村十七男・芥川貴之志 撮影/山田裕之

170 ところで、アクちゃんはこのW109というモデルをどう見てんの?

AKU W108とW109に関して一つ言えるのは、過渡期のモデルってことですよね。クラシックとモダンの狭間に位置するというか。このクルマは雰囲気が良くて、現代でも通用する性能を持ち合わせているから、旧車の中でもおいしいポジションですね。

170 60年代から70年代の境目に登場したからね。クルマの世界では、60年代と70年代では取り巻く環境が大きく違ったし。わかりやすく言えば、夢のような楽しいクルマは、60年代までで終わっちゃうんだ。

AKU メルセデスにしても、戦前からの雰囲気を残しているのはこの世代までですからね。縦長のフロントグリルを持ったラグジュアリーモデル、すなわち300や220Sa、Sbという流れの最後のクルマです。この後継モデルであるW116になると、フロントグリルもヘッドライトも横長になって、すっかり佇まいが変わりますよ。あと、過渡期という意味では、アメリカのマスキー法が時代の節目になりますよね。

170 あったね、強力な排ガス規制法案だ。マスキー上院議員が提案したんでそういう呼び方になったんだっけ?

AKU あまりに縛りが厳しいので、当初の法案は後に否決されたんですよ。でも、排ガス規制の機運自体はどんどん高まっていきました。

170 ヨーロッパのクルマの多くが、世界最大市場の北米に輸出できなくなったんだよね。特に呑気だった英車はほぼ全滅状態。それでいくつかの老舗ブランドが消えるんだ。

AKU 排ガス規制もそうなんですけれど、安全基準もどんどん引き上げられていた時代です。小さくて華奢なクルマの多かった英国車は、特に苦労しましたよね。そんな時代背景が影響しているんでしょう。W108&W109のデザインも、ちょっと中途半端な感は否めないかなぁと。

170 言っちゃっていいの?そんなこと! じゃオレも言おう。新しくなろうと努めてはいるけれど、前作のイメージも引きずっていて、ぶっちゃけ、どっちつかずなんだよね。ボディサイズから来る迫力はある。でも、タテ目のフロントマスクはともかくとして、リアまわりのデザインはちとおざなり感が漂うなあ。リアのナンバープレートをめくって給油する方法は斬新だけどね。

AKU この時代までのメルセデスは、トランクリッドの中やナンバープレートの中に、給油口を隠す工夫をしていましたね。そういう気遣いというかプライドは、往年のメルセデスならではのエレガンスを感じさせるポイントですが、ただ後ろに給油口があると追突された時によろしくない。それで、’70年代以降はボディサイドから給油するようになっちゃうんです。

170 なるほど。安全性がデザインよりも優先され始めるわけだ。

AKU そうそう。特にこのクルマのデザイン面で、僕が中途半端だと感じるポイントは、メッキバンパーにゴムのトリムが付くようになったところなんですよ。様々な技術革新が行われて、デザインや構造が変化するのは当たり前なんだけど、いろんなマテリアルが重なって使われると、やっぱり見た目的には中途半端な印象が強くなる。鉄なら鉄の質感で統一して欲しいし、樹脂を使うなら逆にクロームなんかは極力廃した方が洗練されると思うんですね。

170 当時のメルセデスとしては最善の回答だったんだろうけど、次の時代を模索していたタイミングにつくったクルマと言えるかもしれない。

AKU とは言え、このクルマから樹脂のモディモールやゴムのバンパートリムを取り去ったら、それでカッコ良くなるかっていうと、それも違うと思うんですよね。メルセデスのデザインは優秀ですから。絶妙のさじ加減でバランスを取ってある。このクルマの場合は、多分そういう中途半端さも魅力のうちなんです。高級サルーンでありながら、ヤンチャなエンジン。クラシックのようで、モダンなスタイル。この時代としては最高の技術を投入していて、たとえば同年代の日本車とは比較にならないほどの性能を持ってるわけでしょ? ’60年代の国産車に今乗ろうとすると、たくさんの犠牲を払わなきゃいけないじゃないですか。でもW109は現代でもだいじょうぶ。今でもフツーに乗れるクラシックですよね。

170 その意見に1票! それは運転するとよくわかる。サイズにこそちょっと気を遣うけれど、走り出しちゃうといい意味でフツーなんだ。今回のクルマもカーナビが装着されていたでしょ。そういう現代的な使い方ができちゃうのは確かにスゴいよね。

AKU 実は僕もバネサスのW108を持っていたことがあるんですけど、すごくいいクルマだったんです。普通の2.8リッターだったから、6.3みたいな速さはなかったけれど、運転席から見える景色がとっても気持ちよかった。特にAピラーのあたり。フロントグラスが湾曲しているんですよね。当時の型ガラスだから景色が微妙に歪むんだけど、その屈折ぶりがよかった。現代の風景が、あのガラスを透すと昔の景色に見える気がして。

170 それ、わかる。古いクルマって一生懸命走るより、車内からの景色を楽しみながら流しているときが気持ちいいもんね。

AKU トナオさんのルックスで流していると、かなりチンピラ感がありますけど。

170 スリーポインテッドスターのTシャツを革ジャンで隠しているような人には、言われたかぁないね。

AKU いや別に隠してないっすよ。これね、ヤナセで売れなくてセールになってたんです。いーでしょ。

170 どこのヤナセ?

AKU 芝浦。しかも部品部。

170 部品部にTシャツ置いといても売れるわけないよね。

AKU まあそんな話は置いといて、いずれにしてもW109が超高級車であったことは間違いないですよね。どちらかと言うと保守的な高級車をつくり続けてきたことで、メルセデスは上品とか完璧だと言われるようになった。でも実際は6.3リッターのエンジンを無理矢理乗っけちゃうような荒々しい部分もある。それがメルセデスのおもしろいところなんじゃないかなあ。完璧だからといって、すべてにおいて保守的だったらつまらないですもんね。

170 確かにこのクルマはちょっとバランスが悪いんだ。でも、それこそが個性。メルセデスのエクボみたいなクルマなんだなあ。

かなり手を入れられて、良い状態をキープしている今回の取材車両。6.3は特別なクルマだけあって、部品代も整備代もスペシャルなんだそうです。その完璧な整備のお陰で、今回は本来の6.3の走りというものを、確認することが出来ました。とはいえ、フルレストアを受けた車両というわけではないので、部分的にヤレの見られるところがあったのも事実。何でもかんでもキレイにしちゃうのが、旧車の乗り方として良いのかどうかはともかくとして、一応まだ伸びしろはありますよ、という意味での二ツ半でございます。でもあまりにもピカピカだと、ちょっと乗るのが躊躇われるクルマではありますから、このくらいが丁度良いのかもしれませぬ。実はオーナー、次のクルマを物色中とのことで、欲しい方がいればこの6.3を譲るとのこと。そこのアナタ、こいつを手に入れて三ツ星コンディションを目指してみませんか?


1970y Mercedes-Benz
W109 300SEL 6.3

現在コメントは受け付けていません。