三ツ星倶楽部 其之八 特別編 How to buy Mercedes-Benz Parts 3/3 信用できる筋から購入すべし!
2011年6月30日 – 12:00 | 0

構成/田村十七男・芥川貴之志 撮影/山田裕之

AKU さてやってまいりました。こちらはボッシュ社の車両診断機を備えた、指定サービス工場です。今回はこちらのエンジニアの方にも協力して頂いて、コピー部品の実態を暴いてみようと思います。
170 その診断機はコピーじゃないよね?
AKU 当たり前じゃないですかっ。失敬なっ!!
170 あ、ゴメン。もはや疑心暗鬼になっちゃって。この運転席に付いてる機械は何なの?
AKU これは送信機だそうです。室内にあるECUから信号を取り出し、Bluetoothでテスターに情報を送るんですね。
170 へぇ、すごいね。ハイテクだね。

AKU 今回テストするのは、エアマスセンサー。このパーツは、エンジンに取り込む空気量を計るもので、そのセンサーが出力した電圧に合わせてガスを噴射する量を調整するんですね。ということは、エアマスセンサーが狂えばエンジン回転が不安定になるわけです。
170 つまり、重要な部品であると。
AKU そういうこと。なのに意外とトラブルが多く、純正部品は値段も高いので、コピー部品が数多く出回っています。
170 いくらくらいするの?
AKU 車種によっても異なりますが、純正部品の定価が10万円をちょっと切るくらい。
170 結構するんだね。それがコピーだと?
AKU 1万円台からありますね。そこで用意したこの3種類。どれが本物かわかります?
170 もう、その質問は勘弁して。ってか、見た目じゃ全然わからないからさぁ。

AKU 本当にそうですよね。特に電子部品は判別がつきにくいんですよね。正解は、一番右がメルセデスベンツ純正部品、真ん中がBOSCH製の本物、左が偽物です。
170 ベンツ純正と、BOSCHの本物っていうのは何が違うの?
AKU 基本的には同じもので定価もだいたい同じですが、流通経路が違うので実売価格に差があります。メルセデスベンツ純正は基本的に定価販売ですが、BOSCHだと3割引、4割引は当たり前で、スピードジャパンの様なショップだと半額以下で売っている場合もあります。これがいわゆるOEM部品と呼ばれるものです。
170 偽物はさらにその半額というわけか。
AKU そういうこと。じゃ、とにかくテストしてみましょう。まずは現在車両に付いている本物を計測してみます。断続的にスロットルを吹かしてみると、エンジン回転の上昇と下降に合わせて山なりの曲線が描かれますよね。

170 ふむふむ。エア量もそれにシンクロしてるね。エア量が上がった直後にエンジンスピードも上がると。
AKU 次にコピー。同じようにスロットルを吹かすと……。
170 おや? 曲線にいびつなポイントが出てきたぞ!?
AKU エンジン音にしても、スロットルを吹かした瞬間にもたつくところがあるじゃないですか。センサーの感度が低いんでしょうね。これがコピー部品の実態です。

170 正体見破ったり、って感じ。たださ、テストでは激しくスロットルの開閉を行ってみたけれど、街中ではここまで荒い操作はしないよね。となると、もしコピー部品だと知らずにいたら、気づかないままだったりするんじゃない?
AKU エアマスセンサーに関して言えば、そういう可能性は十分にありますよね。女の人なんかが普通に街中で乗ってて、じわっとアクセルペダルを踏む限りでは、エンジンの不調は感じられないかもしれない。だけど怖いのは、粗悪部品の多くは寿命が短いことじゃないですかね。
170 と言うと?
AKU 最初はそれなりにまともに動作していたとしましょう。でも時間の経過とともに、段々おかしくなってくる。たいがいの人は、何かおかしいなと思っても、替えたばかりの部品は疑いませんよね。そうすると、どこに不調の原因があるのかわからなくなる。さらに正しく動作しない部品を付けたことで、ほかの部分に影響が出る場合もあります。Aの個所は新品部品に換えた。そしてBの個所にトラブルが起きた。するとたいがいの人は、Aの個所を疑いませんよね。Bの個所を調べ、あるいはCやDまでチェックし始める。こうなったら堂々巡りです。本当の原因はつかめない。
170 なるほどね。そりゃ厄介だよなあ。でもさ、どうやったらコピーを見破れるんだろ?普通はこうしてテスターでチェックなんて、出来ないじゃない。

AKU 見た目に関して言うと、例えばメルセデスに納入する部品にだけ刻まれる記号が、OEM部品には本来無いはずなのに、偽物にはあったり……。
170 すでにややこしい。
AKU そうなんです。よほどの部品知識がないと、本物かどうかなんて判断できない。プロでも両方並べて比較しないとわからないはずです。となると、信用できる筋以外からは部品を買わない、というのが恐らく唯一の手段なんですよね。
170 昔のクルマ屋さんは、よそで買ってきた部品の取り付けは受け付けてくれなかったよね。それは信用できないものに触れない職人の意地でもあったし、だからこそ信頼できた。けれど最近ではそういう商売ができないらしいね。ネットオークションがここまで浸透しちゃって、誰もが安いパーツを簡単に入手できるようになったから。

AKU そのネットオークションではコピー品が出回っている。実際、工場がお客さんの持ち込んだ部品を取り付けてみたら、まともに動作しなくて治らなかったり、寸法がおかしくてアライメントが取れなかったりして、お客さんとトラブルになるケースが頻繁に起きてるみたいです。
170 情報量が増えた分だけ、それを精査する能力がユーザーにも必要になってるんだよね。いずれにせよ自動車部品の世界でも粗悪な偽物やコピー品が多数存在しているわけで、メルセデスはその格好のターゲットになっている、ということかぁ。
AKU その事実を知り、どう対応するかは、個々の判断に委ねられています。とにかく信用できるルートを得るしかないですね。
170 オーナーのみなさん、くれぐれもご注意を!

今回はいつもと趣向を変えて、車ではなく部品に注目してみましたが、いかがでしたでしょうか?昔に比べてメルセデスベンツが身近になった分、部品市場で偽物や粗悪部品が蔓延っている実態が、おわかり頂けたかと思います。愛車と末永くカーライフを楽しむためには、部品選び、ひいてはショップ選びが、とても重要なのです。読者の皆様におかれましては、安さに釣られて粗悪品をつかまされぬよう、くれぐれもお気をつけ下さい。

続きを読む »
三ツ星倶楽部

MB-Net TV 

ホーム » 三ツ星倶楽部

三ツ星倶楽部 其之五 W107 500SL 1/3 今日的に107 はアリ!!

投稿者: 投稿日: 2010年6月11日 – 00:000

構成/田村十七男・芥川貴之志 撮影/山田裕之

170 ついに出た、SL! メルセデスの中でもスポーツを意識したモデルというか、ちょっと浮ついたイメージがあるんだな。なにしろSLってのはスーパー・ライトの略でしょ。お気軽ベンツだからね。西海岸のイケすかない金持ち御用達だわな。

AKU トナオさんのイメージって、毎度つくづく僕ら世代には偏狭さを感じますよ。リアルタイムで見たものが違うからなんでしょうけど、経験が邪魔してるんじゃないですか?? SLの語源は諸説ありますが、どうやら大元は ”Sport Leicht” シュポルト・ライヒト。軽量スポーツカーという意味だったようです。

170 大元ってのは、あのガルウィングの300SL?石原裕次郎と力道山が乗ってたという。

AKU そうそう。シャシー形式で言えばW198。この300SLは純粋なレーシングカーをロードゴーイングバージョンに仕立て上げた、いわゆるスーパーカーと言うべき存在で、生産台数も少なかった。ゆえに伝説的なクルマなんですけれど、アメリカ市場からはガルウィングじゃなくコンバーチブルにしてくれないかと要請があったらしいんですね。

170 ガルウィングのほうがカッコいいのにね。乗り降りしにくいのは確かだけど。とか言いつつ300SLで乗り降りしたことないけど。

AKU 僕、乗せてもらったことありますよ。確かに乗り降りは大変。スカートの女性は嫌がったでしょうね。いずれにせよ、世界最大市場のリクエストを無視することはできず、300SLのコンバーチブルをつくり、次いで190SLをリリースします。こっちは最初からコンバーチブル。

170 300SLの弟みたいなヤツね。あれはあれでカッコいいけどね。

AKU 190SLで注目すべきは、プラットホームを乗用車と共有したことなんです。見た目は300SLによく似た感じで、実はフロントグリルやバンパーも300SLと共通だったりするんですけど、土台はフツーのセダン。ということは安く作れるし安く売れる。だから190SLはアメリカを中心に大ヒットした。それ以降、SLはこの路線が続くんです。

170 シュポルト・ライヒトじゃなくなったわけだ。

AKU とは言え、世間では喜ばれる。だから作る。

170 商売の原理原則だわな。

AKU これがフェラーリだったら喜ばれなかったでしょうけどね。そこがメルセデスというかなんというか。ユーザーもそこまで走りを求めてない。

170 セダンベースのフェラーリはやだねぇ。

AKU 今回紹介する三代目SLのW107も、1971年から1989年まで18年間もつくられたロングセラーモデルですからね。単一モデルとしては、ゲレンデヴァーゲンに継ぐ長寿命です。オープン2座のR107、つまりSLと、クーペルーフのC107、SLCという二つのスタイルがあったのも特徴ですね。タテ目の二代目も人気があったけれど、前回も話した70年代初めのアメリカの排ガス規制強化と、安全基準の引き上げがあったことで、大幅な手直しに迫られました。そこでW107が登場するんです。二代目W113はすべて直6エンジンを搭載していて、最終モデルは2.8Lの280SLでしたが、排ガス規制によるパワーダウンを補うためには、より排気量の大きいV8エンジンを積む必要があった。しかしW113のモノコックにV8を積んで、さらに新しい安全基準に対応させるためには、大幅な設計変更が必要だったんですね。それならいっそ新しいの作っちゃおうよと。それがこのW107です。だからこのクルマは完全にアメリカ市場向け。全体の約6割がアメリカに輸出されたということです。

170 W107は全部V8だったの?

AKU いえ、直6もありました。一番最初はV8の350が出て、すぐに直6の280とV8の450が追加され、’70年代は基本的にこの3種類です。その後SLCのみ5.0Lが追加された後、ほかのV8も順次拡大されて’81-85は直6/280、V8/380、V8/500。’86-89は直6/300、V8/420、V8/500で、アメリカ、オーストラリア、日本のみV8の560SLが発売されました。アメリカや日本ではV8ばかりだけど、ヨーロッパに行くと逆に直6しか見ないですよ。

170 本国には560SLって無かったんだ?

AKU そうなんです。欧州最大モデルは500でした。アメリカや日本では排ガス規制が厳しくなっていたのと、恐らく並行輸入車対策もあって、560SLを用意したんだと思います。といってもシリンダーやピストンは500と共通で、クランクシャフトを変えてストロークアップしていただけなので、レブリミットは500より低かったし、圧縮比を下げられていたこともあって、それほどパワーは出ていません。500SLはモデルイヤー1981から登場していますが、実はこの年のエンジンが一番パワーが出ていて、それ以降は排ガス浄化対策が進むとともに、徐々におとなしくなっていく感じですね。今回の500SLはモデルイヤー1989の最終型です。500SLはほとんどが純正で触媒を持たないんですが、この個体には純正触媒も付いているし、560SLと同じエミッションコントロール機能が付いています。モデル末期ならではの、非常にレアなクルマですね。

170 なるほどねぇ。話を戻すけど、SLってもっと特別かと思ってたんだ。確かにメルセデスのコンバーチブルなんてのは、そもそもからして贅沢な存在だけど、プラットホームがセダンと同じというのはねぇ、ちょっとねぇ……

AKU しかしW107は重要なブレイクスルーポイントと言える、画期的なトピックスが多いクルマなんですよ。ボディ設計にコンピュータを使ったのはこれが初めてで、トレッドとホイールベースの関係などはすべてコンピュータが弾き出した数字なんです。特に安全性に関してはアクティブセーフティもパッシブセーフティも考え抜かれていて、たとえば衝突時の衝撃吸収のためにステアリングをつぶすとか、内装をぶつかっても安全な発泡成型樹脂を主体でつくるとか、テールレンズに凹凸を設けて泥がついても視認性が落ちないとか、’70年代以降のメルセデスでスタンダードとなった安全対策の多くは、W107から始まってるんです。それからオープンボディに必要不可欠なボディ強度も、当時としては最高レベルと言えるでしょうね。ライバルメーカーと言われるBMWがこのレベルに達したのは、2000年代になってからじゃないでしょうか。最大の特徴はボディデザインですね。タテ目からヨコ目への転換点が、このクルマでした。

170 オレは未来的だと思ったね。この時代におけるスペーシーというか。

AKU 僕はこのクルマが登場した時を知らないので、当時の感覚ってよくわかないんですけれども、フロントマスクがここまで逆スラントになってるってのは、メルセデスとしてはかなり斬新ですよね。アメリカ市場向けってことでマスタングの影響とかもあるんでしょうけれど、衝撃的だったでしょう。メルセデスがこう来るか! みないな。いっこ前のSL、R129が登場した時のことはよく覚えてますけど、衝撃的だったんですよね。メルセデスでスラントノーズ?!っていう。だから107もきっとそうだったんじゃないかな、と。想像ですけど。

170 お、褒め倒すね。

AKU 自分でも500SLに乗ってますからね。

170 とまぁ、アクちゃんを逆なでするような発言をしておりますが、実はね、いいなあと思っちゃったの。アリだなあと、今日的に。

AKU 170と107でゴロもいいし。

170 それは無い。まったく無い。

AKU でも実際、走りを撮影してる時に思ったんですけど、トナオさんよく似合ってましたよ、気持ち悪いくらいに。

170 そぉ、やっぱり!?

次回(2/3)に続く……

現在コメントは受け付けていません。