三ツ星倶楽部 其之八 特別編 How to buy Mercedes-Benz Parts 3/3 信用できる筋から購入すべし!
2011年6月30日 – 12:00 | 0

構成/田村十七男・芥川貴之志 撮影/山田裕之

AKU さてやってまいりました。こちらはボッシュ社の車両診断機を備えた、指定サービス工場です。今回はこちらのエンジニアの方にも協力して頂いて、コピー部品の実態を暴いてみようと思います。
170 その診断機はコピーじゃないよね?
AKU 当たり前じゃないですかっ。失敬なっ!!
170 あ、ゴメン。もはや疑心暗鬼になっちゃって。この運転席に付いてる機械は何なの?
AKU これは送信機だそうです。室内にあるECUから信号を取り出し、Bluetoothでテスターに情報を送るんですね。
170 へぇ、すごいね。ハイテクだね。

AKU 今回テストするのは、エアマスセンサー。このパーツは、エンジンに取り込む空気量を計るもので、そのセンサーが出力した電圧に合わせてガスを噴射する量を調整するんですね。ということは、エアマスセンサーが狂えばエンジン回転が不安定になるわけです。
170 つまり、重要な部品であると。
AKU そういうこと。なのに意外とトラブルが多く、純正部品は値段も高いので、コピー部品が数多く出回っています。
170 いくらくらいするの?
AKU 車種によっても異なりますが、純正部品の定価が10万円をちょっと切るくらい。
170 結構するんだね。それがコピーだと?
AKU 1万円台からありますね。そこで用意したこの3種類。どれが本物かわかります?
170 もう、その質問は勘弁して。ってか、見た目じゃ全然わからないからさぁ。

AKU 本当にそうですよね。特に電子部品は判別がつきにくいんですよね。正解は、一番右がメルセデスベンツ純正部品、真ん中がBOSCH製の本物、左が偽物です。
170 ベンツ純正と、BOSCHの本物っていうのは何が違うの?
AKU 基本的には同じもので定価もだいたい同じですが、流通経路が違うので実売価格に差があります。メルセデスベンツ純正は基本的に定価販売ですが、BOSCHだと3割引、4割引は当たり前で、スピードジャパンの様なショップだと半額以下で売っている場合もあります。これがいわゆるOEM部品と呼ばれるものです。
170 偽物はさらにその半額というわけか。
AKU そういうこと。じゃ、とにかくテストしてみましょう。まずは現在車両に付いている本物を計測してみます。断続的にスロットルを吹かしてみると、エンジン回転の上昇と下降に合わせて山なりの曲線が描かれますよね。

170 ふむふむ。エア量もそれにシンクロしてるね。エア量が上がった直後にエンジンスピードも上がると。
AKU 次にコピー。同じようにスロットルを吹かすと……。
170 おや? 曲線にいびつなポイントが出てきたぞ!?
AKU エンジン音にしても、スロットルを吹かした瞬間にもたつくところがあるじゃないですか。センサーの感度が低いんでしょうね。これがコピー部品の実態です。

170 正体見破ったり、って感じ。たださ、テストでは激しくスロットルの開閉を行ってみたけれど、街中ではここまで荒い操作はしないよね。となると、もしコピー部品だと知らずにいたら、気づかないままだったりするんじゃない?
AKU エアマスセンサーに関して言えば、そういう可能性は十分にありますよね。女の人なんかが普通に街中で乗ってて、じわっとアクセルペダルを踏む限りでは、エンジンの不調は感じられないかもしれない。だけど怖いのは、粗悪部品の多くは寿命が短いことじゃないですかね。
170 と言うと?
AKU 最初はそれなりにまともに動作していたとしましょう。でも時間の経過とともに、段々おかしくなってくる。たいがいの人は、何かおかしいなと思っても、替えたばかりの部品は疑いませんよね。そうすると、どこに不調の原因があるのかわからなくなる。さらに正しく動作しない部品を付けたことで、ほかの部分に影響が出る場合もあります。Aの個所は新品部品に換えた。そしてBの個所にトラブルが起きた。するとたいがいの人は、Aの個所を疑いませんよね。Bの個所を調べ、あるいはCやDまでチェックし始める。こうなったら堂々巡りです。本当の原因はつかめない。
170 なるほどね。そりゃ厄介だよなあ。でもさ、どうやったらコピーを見破れるんだろ?普通はこうしてテスターでチェックなんて、出来ないじゃない。

AKU 見た目に関して言うと、例えばメルセデスに納入する部品にだけ刻まれる記号が、OEM部品には本来無いはずなのに、偽物にはあったり……。
170 すでにややこしい。
AKU そうなんです。よほどの部品知識がないと、本物かどうかなんて判断できない。プロでも両方並べて比較しないとわからないはずです。となると、信用できる筋以外からは部品を買わない、というのが恐らく唯一の手段なんですよね。
170 昔のクルマ屋さんは、よそで買ってきた部品の取り付けは受け付けてくれなかったよね。それは信用できないものに触れない職人の意地でもあったし、だからこそ信頼できた。けれど最近ではそういう商売ができないらしいね。ネットオークションがここまで浸透しちゃって、誰もが安いパーツを簡単に入手できるようになったから。

AKU そのネットオークションではコピー品が出回っている。実際、工場がお客さんの持ち込んだ部品を取り付けてみたら、まともに動作しなくて治らなかったり、寸法がおかしくてアライメントが取れなかったりして、お客さんとトラブルになるケースが頻繁に起きてるみたいです。
170 情報量が増えた分だけ、それを精査する能力がユーザーにも必要になってるんだよね。いずれにせよ自動車部品の世界でも粗悪な偽物やコピー品が多数存在しているわけで、メルセデスはその格好のターゲットになっている、ということかぁ。
AKU その事実を知り、どう対応するかは、個々の判断に委ねられています。とにかく信用できるルートを得るしかないですね。
170 オーナーのみなさん、くれぐれもご注意を!

今回はいつもと趣向を変えて、車ではなく部品に注目してみましたが、いかがでしたでしょうか?昔に比べてメルセデスベンツが身近になった分、部品市場で偽物や粗悪部品が蔓延っている実態が、おわかり頂けたかと思います。愛車と末永くカーライフを楽しむためには、部品選び、ひいてはショップ選びが、とても重要なのです。読者の皆様におかれましては、安さに釣られて粗悪品をつかまされぬよう、くれぐれもお気をつけ下さい。

続きを読む »
三ツ星倶楽部

MB-Net TV 

ホーム » 三ツ星倶楽部

三ツ星倶楽部 其之五 W107 500SL 3/3 試されるのは、選択する感覚と維持する知恵

投稿者: 投稿日: 2010年7月2日 – 00:000

構成/田村十七男・芥川貴之志 撮影/山田裕之

AKU 107を維持する上で一番ネックになるのは、消耗品の交換サイクルが早いことですね。小さいモノコックにV8を積むというのは、メルセデスとしては初めての試みだったこともあり、特に熱の問題が解決できていない。フロント周りのゴムのパーツはどれも早期にイカれちゃうんです。足回りのブッシュやホース類、プラグコード、ギヤボックスシール……。中古車屋に並んでいる個体でそれらを交換してあることはほとんど無いですから、これから107を買うならそういった部分の費用がかかるのは初期投資と考えて諦めるしかないでしょうね。しかしいざ直そうと思うと、パーツが高価なのもキツいです。セダンがベースとは言え、SL専用部品は多いですからね。特にこの10年くらいの間に、価格がおよそ2倍に跳ね上がりました。現在ダッシュボードは40万円、幌は35万円です。供給が終わっている部品もあるし、部品の確保はこれからもっと難しくなるでしょう。

170 古いクルマは部品の確保が深刻だよね。

AKU 107の場合、大ヒットしたアメリカでは社外品が多く出回ってるんですよ。ただアメリカで流通している部品は粗悪品が多いので、注意が必要なんです。SLのウェザーストリップって、かなり神経質なつくりなんですね。そもそもピラーレスだし、幌の時とハードトップの時ではクリアランスも変わるから建付けがシビアで、純正品は段階的にウェザーストリップの素材を変えたり、中空構造にしたりして対応しています。ところがアメリカで売ってる社外品のウェザーストリップは、無垢のゴムのカタマリなんです。それだと100年調整したってまともにドアが閉まらない。専門店と呼ばれるショップでさえ、そんな部品を平気で使ってます。

170 なかなか厳しい状況だね。

AKU 古いメルセデスの知識が豊富なショップが少ないんです。というのも、メルセデスベンツのオーナーの場合、多くがクルマのことをよくわかっていないし、自分でいじったりもしないから、ショップの仕事が杜撰でも見抜かれることが無いし、だからショップが育たない。これはなかなか解決できない問題なんです。もちろんすべてのショップがそうだとは言いませんけどね。

170 どうしたらいいんだろ?

AKU 工場についてはとにかく良い工場を探して下さいとしか言えませんが、部品については前々からスピードジャパンに強くリクエストしていて、今後107の部品も在庫してくれることになりました。純正部品が中心になりますが、ドイツの卸商から輸入しますので、かなり安く提供出来るそうです。

170 危機感を煽る商法?

AKU いえいえ、そういうわけじゃないですけど。実際に好きで乗っている人には苦しい状況になってきてるんですよ。だから何とかしたいなと。幌なんかは純正だと高いし、消耗品みたいなものなので、純正品と同じ素材を使った社外品を扱う予定ですけどね。

170 でもさぁ、昔のクルマなんだから、部品くらい安くてもいいんじゃないの?

AKU そこは腐ってもSLですから。ここにたまたま昭和49年のヤナセの価格表がありますが、450SLは762万円ですよダンナ。最後の560SLに至っては1500万円ですから。もともと高いクルマなんです。

170 アクちゃんも愛車の維持は大変?

AKU 今はそんなに大変じゃないですね。僕が今乗っている500SLは2台目で、2001年に手に入れたんですが、最初に気になるところは全部やっちゃったんです。全塗装して、モール類やウェザーストリップも交換して、エンジンも点火計系と燃料噴射系はやりました。特に足回りがダメで、ブッシュを総入れ替えしてブレーキも全部新品にしたら見違えるような走りになりました。それ以降、スプリングを変えて車高を落としたりして、自分なりの味付けにしていますが、たまに消耗品を交換したりするくらいで、大きな出費は無いですね。

170 じゃ、もう10年近く乗ってるんだね。

AKU 最初に買った500SLからだと13年。

170 飽きないの?

AKU 自分でも意外なんですが飽きませんね。楽しいんですよ。僕はスタイル的にはW113の方が好きだし、見るたびにいいなーって思うんだけど、乗ってみるとつまらない。107も決してスポーティではないんだけど、かなり気持ちよく走るじゃないですか。突き詰めてみると、W107にしかない世界観があるってことだと思います。他にないんですよね、この雰囲気。最近のオープンカーみたいにAピラーも寝てないし、解放感があってクラシックな雰囲気もある。だけど、その気になれば走りもそれなりに楽しめる。楽しみ方の幅が広いクルマですね。元が超高級車だから、維持するのはそれなりに覚悟が必要ですけど、簡単に手に入るカッコよさなんて薄っぺらいでしょ?

170 本質論だね、それ。

AKU 選択する感覚、維持する知恵。それを試されるんじゃないですか、こういうクルマに乗るというのは。単にお金の問題じゃないですよね。高いクルマ買って、オラオラどうだスゴイだろってのは、今やカッコイイとは言えないでしょう。そういう価値観ははっきり言って古い。

170 今日的にW107はアリ、というのもそこなんだ。いい意味で垢も油も落ちて、今乗るならカッコいいと思えるんだよね。ようやくクルマ好きの懐に降りてきてくれたように見える。そこが古いクルマのいいところで、新しいものが持つ価値とはまったく違う性質がある。ただ、どんなクルマでも古くなればカッコよくなるわけじゃない。そんなことをW107は語っているような気がするなあ。

AKU あとやっぱり魅力の1つは出来の悪さなんですよね。あのメルセデスでありながら完成されていないところ。それが最大の魅力です。美人は3日で飽きるって言うけど、出来のいいクルマも3日で飽きます。

170 で、オレはその出来の悪いクルマが気持ち悪いほど似合うと……。

AKU 人間的にアブラが抜けてきてるんですよ、きっと。

170 それって、褒めてる?

次回 W107特別編 に続く……


今回の107は1989年の最終型。走行距離も少なく、かなり素性の良いクルマだとは思うのですが、残念ながら取材時はあまり状態がよろしくありませんでした。特に燃料噴射の制御に問題があったので、本来の走りが出来なかったのは残念。あと外装と内装も、致命的な傷などは無いものの、少々荒れが目立ちました。走ることを重視しているオーナーさんなので、見てくれよりも中身で勝負。といったところなのかもしれませんが、もう少しだけ手を入れてあげて!と思っちゃいました。しかしこの取材の後、このクルマはエスファクトリーに入庫しまして、エンジンと足回りの整備を受けて現在は絶好調とのこと。残念、整備後だったら二ツ星だったんですけどね……。

というわけで、なかなか維持に苦労してるオーナーさんの多いW107。次号では特別編として、W107のウィークポイントなどを特集しちゃいますので、請うご期待。


1989y Mercedes-Benz
W107 500SL

現在コメントは受け付けていません。